痛みに暴れる生娘への名言

私が脱毛をしたのは19歳の夏です。

大学に通っておりお金も無かったのでとにかく安くで出来るだけ全身脱毛が出来るサロンを探していたところ、なんと「全身脱毛、100,000円」というサロンを見つけました。

場所も近く値段もバイトを頑張れば何とか払えそうですので、迷わず予約しそのサロンへ行きました。

サロンの人はとてもアットホームでお姉さんとお母さんの間のような雰囲気の方でした。

行ったその日に脱毛に関する説明をある程度聞き納得した上で契約に至りました。

その日のうちに施術してもらいました。

元々痛みには強い自信がありましたが、剛毛でしたのでとても怖かったです。

そして案の定…脇や足もそうでしたが毛の濃いVライン、Iラインの脱毛はもう涙が出るだけでなくつけまつ毛が取れる程涙が出るくらいに痛く、あまりにも我慢できず暴れてしまうのでスタッフの方2人がかりで押さえつけられて施術されました。

その間先ほどのお姉さんとお母さんの間のようなスタッフの方は終始「これ我慢できたら綺麗になれるから!綺麗になるには努力が必要だから!」と言い続けてらっしゃいました。

お陰様で現在だいぶと薄くなり弱い肌にも剃刀をあて過ぎずにすごせています。

あの時暴れる私を押さえつけながらなぐさめてくださったお姉さんには本当に感謝しています。

ほんとうに名言だと思いました。脱毛も何事も努力と我慢ですね。

初めての脱毛はニードル脱毛

初めて脱毛したのはもう10年以上前のことです。

当時は脱毛に種類があることも知らず、脱毛を受けに行ったらニードル脱毛をするエステでした。

そこでニードル脱毛を受けたんですが、ムダ毛の1本1本に電気を通して毛根を破壊していくためすごく時間がかかりました。

また脇を脱毛したので痛みに敏感なところはものすごく苦痛でした。

それがいやで、そのエステ脱毛はお休みしました。

ニードル脱毛は高価なことも続けるのが難しいと思いました。

脱毛はもう無理かなと諦めた時に、レーザー脱毛があることを知りました。

レーザー脱毛は広い範囲を一度に処理できるから早いというのを聞き、レーザー脱毛ができるところを探しました。

値段が手ごろなところは都内までいかないとありませんでした。

なのでわざわざ都内まで行ってレーザー脱毛を受けました。

レーザー脱毛は痛いという人もいますが、ニードル脱毛と比べればかなり痛みは軽いです。

ビリビリした刺激を感じるものの、痛いというほどではありませんでした。

それにニードルよりも1回の処置時間が短いのでとても楽に感じました。

脱毛の効果も実感でき、どんどん毛が抜けていき今では両脇はつるつるです。

肌荒れもしなかったし満足しています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ